データ入稿について

おすすめデータ入稿形式はPDF入稿です。

文字が埋め込まれていたり、アウトライン後のPDF化で、文字化けを防ぐことができるためです。

※本サービスでは、色校正をお送りすることはできません。

 (簡易)色校正等、ご希望の場合、こちらよりお問い合わせくださませ。


◆入稿前のチェックポイント

✔ ドキュメントサイズは、ご要望通りのサイズになっていますか

  (トンボが入っていますか ※トンボについてはこちら

 

✔ Illusutrator(CS6まで対応可)のカラーモードは、CMYKになっていますか

   ※文字や画像・イラスト含む  (CMYKとRGBについてはこちら

   ※Officeソフトについては、下記にて注意点をご案内しております

 

 表と裏のデータは別々になっていますか

  ※ファイル名に「表」、「裏」を明記してください。データ上にも

   「天」「地」と目印をうち、表裏のご指示をお願いします。天地のご指示は、

   トンボの外側や、イメージ画像にて行ってください。(天地についてご指示が

   無い場合、データ上部を「天」、下部を「地」といたします)

  ※中綴じ冊子の場合、トンボの外側やファイル名にページ数を明記してください。

 

✔ フチ無し印刷をご希望の場合、塗り足しは作成されていますか

  (塗り足しについては、こちら)※以下でもご案内しております

 

✔ 黒は「K 100%」で作成されていますか (黒色の注意点に関してはこちら

 

✔ 罫線(けいせん)は、0.25pt以上、アミ罫線は0.5pt以上ありますか

 

✔ 解像度は原寸サイズの状態で350dpi(2階調の文字データは600dpi)がおすすめです

 

✔ 文字はアウトライン(Illusutrator)、または埋め込み(PDF)されていますか

  ※「PDF/X-1a」形式がおすすめです。(フォントが埋め込まれる設定になります)

  (文字化けについてはこちら / アウトラインについてはこちら )

 

✔ 画像のリンクは外れていませんか (必要なデータは全て揃っていますか)

 

✔ 仕上がりイメージ(スクリーンショット)画像もあわせてご送付お願いいたします

 (できるだけ大きく全体が見えるよう表示を調整いただき、ファイル名を

 「スクリーンショット表」/「スクリーンショット裏」など判別しやすいもので

  お願いします。


◆端まで印刷するには(塗り足しについて)

塗り足し」(とトンボ)を入れてください。

紙の端(仕上がり位置)まで色がある場合、仕上がりサイズの

上下左右に+3mmずつ色をおいてください。

塗り足しが無い場合、周囲に細く白いフチが出る可能性があります。

あらかじめ、ご了承くださいませ。

(例:A4(297mm×210mm)の塗り足し込みのサイズは303mm×216mm)

 

※切れて困る文字や画像は、仕上がりサイズ内の上下左右から3mm程内側に

 配置してください。


◆Officeデータ入稿の注意点

Officeデータをそのまま印刷へと進めることはできません。

PCの環境により、文字化けや画像のズレが起こる場合がありますので、ご注意ください。

また、office系ソフトは、CMYK(印刷用のカラー)に対応していません。

彩度が落ちて、画面でみる色と出力した色は異なります。ご了承ください。

 

※データチェックさせていただき、弊社にて印刷用のデータを作成するため、

 別途手数料を頂戴いたします。

※画面で見る色と実際の刷り色は若干異なります。ご参考までにこちらをご覧ください。

※ちなみに、powerpointは初期設定サイズがA4ではないのでご注意ください。


◆デザインデータ作成可能です

弊社にてデザインデータを作成させていただくことも可能です。

その場合、別途制作料を頂戴いたします。

※難易度により制作料は異なりますので、資料やラフ、画像等をご送付の上、

  ご相談ください。